牟礼、そして直島へ_1

2013年8月22日から24日の3日間で、牟礼、そして直島へ行ってきました。

6月下旬から飛行機を、宿を、観覧を手配し、

私の行きたいように、

私が行きたい場所を訪れた至福の3日間でした。

r0010016

 

なぜこの場所を訪れることにしたか?というと…。

ただただ海の側に行きたいな、と思ったのです。

どこの海がいいかなぁと夢想しながらノートブックに綴られている【叶えたいこと】ページをぱらぱらめくっていると、

牟礼にある「イサム・ノグチ庭園美術館を訪れる」と書いてありました。

そして「直島に行く」とも。

私の目はその2行に釘付けとなり、

訪れるのはこの場所しかない!!と旅の行く先はあっという間に決まりました。

r0010014

 

22日、羽田から高松へ飛行機でIN、その後バス、電車を利用して「イサム・ノグチ庭園美術館」へ。

私にとってイサム・ノグチは特別なアーティストの一人です。

1992年に東京国立近代美術館で開催された「イサム・ノグチ展」を訪れ、

『接吻』から目が離せなかったことを20年経った今でも覚えています。

何度も何度も行っては戻り、角度を変え、むさぼるように見つめ続けていました。

ただただその美しさに圧倒され、彫刻の前で立ち尽くしたのはこれが初めての経験でした。

その後「ユネスコガーデン」を訪れたり、「モエレ沼公園」を訪れたり…。

旅先に彼の作品があると、自然とその場所を訪れるようになっていました。

r0010020

 

この美術館が開館した時から、訪れたくて訪れたくてしょうがなかった場所。

ようやくその夢が叶います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です