手の中に残ったもの、それは……。

image-1-148

先日、あるギャラリーに行こうと思って最後の曲がり角を曲がったら、

なんとなく違和感があった。

あれ、曲がるところを間違えたかしら?と一瞬思ったけれど、

その先にはちゃんとギャラリーがある。

そう、角に立っていた建物がいつのまにか取り壊されていて、

見える風景が変わっていたのだ。

蔦の絡まるレンガ造りの小さな建物だった。

中に入ったこともなければ、開いているところをみたところもないけれども、

きっとこのお店の中ではいろいろな人が出会い、様々なことがあったのだろう。

嬉しい物語に、悲しい物語に。

たくさんの物語が想像できる素敵な建物だった。

残念ながら建物は無くなってしまったが、写真だけは残っている。

その写真を見ながら私は、物語を紡ぎ続けるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です