梅干し

dsc_4606

2015年6月13日のてしごと、「梅干し」。

2シーズン目の梅干し、約1ヶ月半かけてようやく完成。

これで今年出来あがる梅しごとは全て終了、

あとは来年に出来あがる梅酒4種類を待つのみ。

ようやくほっと一息つけた。

昨シーズンは塩分18%、顔のパーツが思い切り真ん中に寄ってしまうくらいの酸っぱさだった。

「おばあちゃんの梅干し」、そんな名前が似合うような梅干しだった。

そのまま食べるより、青魚の梅煮など料理に使って食べることが多かった。

今シーズンは塩分13%プラス氷砂糖。

やっぱり梅干しを梅干しとして楽しみたい!

そう思ったのがこの濃度にした一番の理由だ。

おにぎりに入れたい、白いご飯の上に乗せたり。

お茶漬けにするのもいいなぁと妄想は膨らむばかり。

ただし梅干しは今シーズンが2回目、

比較対象が昨シーズンのものしかなく、

とりわけ天日干しの判断が難しかった。

昨シーズンは日を追うごとに白く白く塩が浮き上がっていき、ざらっと硬い出来上がりだった。

けれども今シーズンはそのようなことは全くなく、

表面は太陽の光を浴びてしっとりと硬くなり、中身は弾力がある柔らかさのまま。

こんなのでいいのかしら?ちゃんと乾いたのかしら?と思いつつも3日で天日干しを止め、完成とした。

汗をたくさんかいた夏の朝、試しに一つ食べてみた。

確かに酸っぱい。

が、顔のパーツが真ん中によるまでの酸っぱさはなく、

身体がちょうど欲していた塩分だった。

時間の経過とともに塩は丸くなる。

その時どう感じるか、今から楽しみでならない。

そして、来シーズンは氷砂糖の代わりに蜂蜜を使うのもありかもと、

心は「次」に向かって動き始めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です