これって、本物なの?

2016年9月に大伯母(といっているが、正しくは祖母の従姉妹)が松山から東京に遊びに来た。新国立美術館でかかっていた「ヴェネツィア・ルネッサンスの巨匠たち」展を一緒に観に行った。大伯母は聖書の引用箇所を用いながら一枚一枚の絵について宗教的解説をしてくれ、それはそれはとても贅沢な時間だった。

この展示最大の見どころは4メートルを超すティツィアーノの『受胎告知』だったのだが、その作品を観て大伯母が一番最初につぶやいたのが、「これって本物なの?」という驚嘆だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です