牟礼、そして直島へ_2

r0010025

イサム・ノグチ庭園美術館、受付。

この美術館を訪問する際は、閲覧希望日の10日ほど前に閲覧希望日時を往復はがきにて郵送する。

開館日は火・木・土の午前10時、午後1時、午後3時の3回のみ(定員あり)。

自分からイサム・ノグチを観に行こうとしなければ、扉は開かれない。

でも、扉を開きさえすれば、イサム・ノグチだけの世界が待っている。

それは私にとってたまらない空間だった。

r0010031

庭園美術館は二つのエリアに分かれている。

彫刻エリアと庭園エリア。

学芸員の方の説明を受け、どちらも30分ずつ自由に見学ができる。

エリア内は写真撮影不可なので、エリア外から撮影した写真を。

r0010028

彫刻エリア。

野外に置かれているのは、全て未完成の作品。

ここで創作活動していたノグチは、晩年これらの作品が完成されないだろうことを予想し、

展示物として一つ一つ考え、配置を決めていったそうだ。

未完成の作品はどれも荒々しく、ものすごくエネルギッシュだった。

完成されていないものだけがもつ野蛮さが、

真夏の日差しとともにじりじりとココロとカラダに焼きついていきた。

完成品はどんな作品になったのだろう?という想像さえ、完全に拒んでいく。

それでも未完成作品から目が離せないのは、

どこかに、ほんの一部かもしれないけれども、

ノグチのスピリッツがそこに彫り込まれているからだと思う。

蔵の中は作業場と完成作品が数点。

完成作品の孤高なまでの美しさは、言葉にできないほどだった。

他者を誰一人として寄せ付けない、そこに美として存在している作品たち。

作り手であるイサム・ノグチの声を聞く、対話するという生易しいものでは全くなく、

イサム・ノグチが考える美しさはこれだ!というぶれることない信念を見せつけられた。

うちのめされるほど格好良かった。

野外の暑さとはうってかわって、ひんやりとした空間の中で、

感性がどんどん研ぎすまされていき、どんどん内へ内へと入り込んでいき、

自分自身と対峙している私がいた。

「私の考える美しさってどんなものなのだろう?」と。

きっとこれは永遠の問いで、生きている限り続く問いなのだと思う。

r0010035

春と秋に暮らしていた家(ちなみに夏はイタリアで、冬はニューヨークで過ごしていたとのこと)

庭園エリア。

イサム・ノグチが作った庭園と、春と秋に暮らしていた家を外から観賞することができる(県の重要文化財指定を受けているため、中には入れず)。

「私の母を庇護してくださった方達に捧ぐ」とノグチが捧げた庭園がものすごく美しかった。

ブラック・スライド・マントラを思い起こさせるような作り上げた山を中心に、

石や岩を小川や滝にみたてて流れを作り、

カルフォルニアから持ってきて移植したユーカリが、マザーツリーのように生い茂り、

一瞬自分がどこの国にいるのかわからなくならないような感覚に陥る。

自分のアイデンティティはどこにあるのか?と問い続けてきたノグチにとって、

もしかしたらこの庭園は一つの答えかもしれないなと思った。

ノグチが死の直前まで愛した卵形の石がある。

「私が死んだらこの石を割って欲しい」との遺言を残して。

彼の愛する仲間がその石を割り、

今はこの庭園を見守るように山の頂きに鎮座している。

この石をこの場所に置くことが彼の意思かどうかわからないけれども、

ここよりふさわしいこの石の置き場所はここ以外にはないだろう。

r0010037

初めて訪れたイサム・ノグチ庭園美術館、

おそらくこれから、何度も何度も訪れるようになるだろう。

そんな予感を胸に抱き、この場所を立ち去った。

私だけのサンクチュアリ。

いつでも彼の魂にふれることができるように。

r0010038

牟礼、そして直島へ_1

2013年8月22日から24日の3日間で、牟礼、そして直島へ行ってきました。

6月下旬から飛行機を、宿を、観覧を手配し、

私の行きたいように、

私が行きたい場所を訪れた至福の3日間でした。

r0010016

 

なぜこの場所を訪れることにしたか?というと…。

ただただ海の側に行きたいな、と思ったのです。

どこの海がいいかなぁと夢想しながらノートブックに綴られている【叶えたいこと】ページをぱらぱらめくっていると、

牟礼にある「イサム・ノグチ庭園美術館を訪れる」と書いてありました。

そして「直島に行く」とも。

私の目はその2行に釘付けとなり、

訪れるのはこの場所しかない!!と旅の行く先はあっという間に決まりました。

r0010014

 

22日、羽田から高松へ飛行機でIN、その後バス、電車を利用して「イサム・ノグチ庭園美術館」へ。

私にとってイサム・ノグチは特別なアーティストの一人です。

1992年に東京国立近代美術館で開催された「イサム・ノグチ展」を訪れ、

『接吻』から目が離せなかったことを20年経った今でも覚えています。

何度も何度も行っては戻り、角度を変え、むさぼるように見つめ続けていました。

ただただその美しさに圧倒され、彫刻の前で立ち尽くしたのはこれが初めての経験でした。

その後「ユネスコガーデン」を訪れたり、「モエレ沼公園」を訪れたり…。

旅先に彼の作品があると、自然とその場所を訪れるようになっていました。

r0010020

 

この美術館が開館した時から、訪れたくて訪れたくてしょうがなかった場所。

ようやくその夢が叶います。

2013年8月17日開店「寫眞譚打上げ」

971607_284603495013796_1736642062_n2

(photo by Gaku ISHIHARA)

2013年8月17日に開催した「寫眞譚打上げ」の様子を。

私は何かに夢中になってしまうと、写真がまったく撮れなくなってしまうのですが(爆。

そこはさすが写真仲間!! ぬかることはありません(笑。

当日のbistro mikiの様子をお楽しみください☆

願わくは、あなたの食べてみたいもの、作ってみたいものが、

このメニューの中に一つでもありますように♬

1184835_509771452433537_945992309_n2

茗荷の甘酢和え(photo by Ohka TSUBAKIHARA)

1150315_509771439100205_994172339_n3  レバーパテ(photo by Ohka TSUBAKIHARA)

1186191_284603598347119_697723759_n2

鶏手羽中のブラックペッパー風味(photo by Gaku ISHIHARA)

1150304_509771502433532_1477406595_n3

焼野菜の塩麹マリネ(photo by Ohka TSUBAKIHARA)

1184826_284603611680451_1872819886_n2

鶏肉の酒蒸し(photo by Gaku ISHIHARA)

525731_509771509100198_1876353442_n2

エビとズッキーニのレモン生姜炒め(photo by Ohka TSUBAKIHARA)

971421_284603665013779_1919878432_n2

豚の角煮(photo by Gaku ISHIHARA)

542205_284603751680437_909436868_n2

胡麻味噌うどん(photo by Gaku ISHIHARA)

970516_509771755766840_120664299_n2

ナッツのパウンドケーキ(photo by Ohka TSUBAKIHARA)

564675_509771689100180_653267872_n

(photo by Ohka TSUBAKIHARA)

2013年8月17日のための開店準備

明日は私が所属している写真グループ、

『寫眞譚』の第1回展示開催記念の打ち上げデー。

第1回展示は6月中旬に行ったのですが、

メンバーの日程調整の結果、ようやく明日開催する運びとなりました。

 

場所はmikihouse。そう、我が家は明日bistro mikiになります☆

で、私は今何をやっているかというと、明日のために絶賛仕込中!!

 

dsc_1582

 

「どんなものが食べたいかな?」

「どんなメニューを組み立てようかな?」

「どんなふうに作っていこうかな?」

「気に入ってくれると嬉しいなぁ」

 

相手のことを想像しながら、

手順をシュミレーションしながら、

作業を進めていく時間は、やっぱり特別。

愛おしみながら、

慈しみながら、

ていねいに、ていねいに。

 

いつのまにか、

静かな夜が舞い降りてきました。

ナッツのパウンドケーキ

dsc_1527

 

夏は暑いのでオーブンの前に立つことをためらってしまいますが、

バターが室温に戻す時間があまりかからないので、実はバターを使ったお菓子を焼くのには適しているのではないかと思ってます。

ナッツの甘さを生かすため、甘さは控えめ、そして優しく。

そんなことを考えながら作ったレシピです。

ぜひお試しあれ!!

 

【材料】18cmのパウンドケーキ型

ナッツ類(無塩のもの:くるみ、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ)など 30g

→1種類でも構いませんが、何種類かまざることによって味が複雑になっていきます。

バター(有塩) 100g

→無塩のものを使う場合は、塩をひとつまみ入れてくださいね。

メープルシロップ 80g

卵 2個

小麦粉 50g

全粒粉 25g

アーモンドパウダー 25g

BP 小さじ1

【下準備】

・バターは室温に戻しておく。

・ナッツ類は160度に温めたオーブンで5分焼く。

→焼くことで香りが増します。

・小麦粉と全粒粉、BPは必ずふるっておく。

・ナッツ類の下焼きが終わったら、オーブンを180度に温めておく。

【作り方】

1.室温に戻しておいたバターをボールにいれ、泡立て器でクリーム状になるまで練り混ぜる。

ふんわりと白っぽくなったら、メープルシロップを半量入れバターになじむまで混ぜ合わせる。

きちんと混ざってから、残りのメープルシロップを入れ、さらに混ぜ合わせる。

→泡立て器の混ぜる方向は、一度決めたら粉を混ぜるまで同じ方向で!! 美味しく作るコツの一つです。

2.別のボールに卵を割りほぐし、3回に分けて加え、その都度必ずなじむまで混ぜ合わせる。

滑らかになったら、アーモンドパウダーを入れ混ぜ合わせる。

その後ナッツ類を入れ混ぜ合わせる。

3.ふるった小麦粉、全粒粉、BPを入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせる。

4.パウンドケーキ型にオーブンシートを敷き、3の生地を流し入れる。

ゴムべらで表面をならして平らにし、中央にパウンドケーキ型の底につくくらいしっかりと1本線を書く。

180度のオーブンで40分ほど焼く。中央に竹串をさして何もついてこなければ焼き上がり、すぐに型から外して、冷ます。

 

綺麗に焼くコツは、パウンドケーキ型に敷くオーブンシートをきちんと型通りに敷いておくこと。

杏ジャムがおうちにあったら、表面に塗ると甘酸っぱさが加わって一段と美味しくなりますよ。

レシピ思案中

dsc_15042

ブログを開設した記念に何かオリジナルのレシピを作ろうとふと思いたちました。

「ナッツのパウンドケーキ」

この時期はバターがすぐに室温に戻ること、電動の泡立て器がなくても作れること、スーパーで全ての材料が揃うこと。

誰でも気軽にお菓子作りを楽しめる一品。

そんなレシピを作りたいなと思い、ただいま思案中です。

 

粉の量は決まり、手順もなんとかなった。

残るは甘さ……。1種類にするか、2種類にするか。

迷うなぁ〜。うん、迷う!!

私らしい甘さってどっちだろう?とついつい考えてしまいます。

ちなみにこの試作は2種類の甘さで作成、疲れた身体にしみいる甘さとか(先輩談)。

 

どんどん試作をして、レシピを完成させてしまいましょ☆

 

杏ジャム

dsc_1335
 
杏の季節がやってきました!!
市場に出回る期間はとても短く、10日から2週間くらい。
種が果実の中にある果物が大好きな私、なかでも杏の可愛らしさは格別です☆
見つけたら、もちろん即購入(笑。
ただ、生でいただくにはちょっぴり酸っぱすぎる杏、
私は毎年ジャムにして楽しんでいます。
クリームチーズと合わせたり、ヨーグルトに入れたり。
パウンドケーキの上に塗ったり、ホットケーキに塗ったり……。
甘酸っぱい味をぜひひお楽しみください☆
【材料】
 杏 500g
 砂糖 2カップ程度
    (おうちにあるもの。私はてん菜糖やきび砂糖を使っています)
 レモン汁 大さじ1
【下準備】
 ・杏はへたをようじで取り、水で洗った後、半分に割って種を取り、小さく切る。
 ・小さく切った杏を鍋の中にいれ、砂糖1/2カップを上にかけて、一晩から1日置く。
  →こうすることで水が出てきます。杏を煮る大事な水です。
【作り方】
1.鍋を火にかける。
2.沸騰したら砂糖11/2カップ程度加える。
  →甘さはお好みですが、私は”もうちょっと甘い方がいいかも”というところまで加えます。
   冷えると甘みがぐっと増します。
   熱いうちにちょうどいい甘さにしてしまうと、
   冷えてから甘過ぎた!!になってしまうので、要注意です。
3.ヘラでかき混ぜながら、煮詰める。
  杏がとろとろになってきたら、
  レモン汁大さじ1を入れ、一混ぜしてから火から下ろす。
  →皮も一緒に煮ているため、あまり煮詰めすぎると冷えた時に固くなってしまいます。
   とろ~んと杏がヘラから落ちる位を目安に火を止めます。
4.煮沸した瓶(保存容器)にいれる。瓶が冷めてから蓋をして、冷蔵庫に入れて保存する。
dsc_1359
   *1ヶ月を目安に食べきります。

夏野菜のピクルス

夏になると、酸っぱいものが無性に食べたくなります。
そんな時におうちで漬けたピクルスなんていかがでしょう?
今回はアスパラ、エリンギ、ミニトマトを漬けてみました。
緑、赤、白。
見ているだけでも食欲がわいてきそうですよね。
純米酢だけだと出来上がりが少しつ~んときつくなりがちですが、
りんご酢も一緒に使うことで、香りがとてもフルーティになり、食べやすくなります。
辛いのが苦手!!という方は、りんご酢の分量を多くしたり、にんにくと鷹の爪の量を控えたりと、味が優しくなるよう調整してみてください。
晩ご飯のお供に、お酒のおつまみにおすすめです。
ぜひ作ってみてくださいね!!
dsc_1333
【材料】
ピクルス液:純米酢 1カップ
      りんご酢 1/2カップ
      水 1/2カップ
      砂糖 大さじ2
      塩 小さじ1強
      粒こしょう 10~20粒くらい
      ローリエ 1枚
夏野菜:アスパラ(4本くらい)、エリンギ(1パック)、
    ミニトマト(1パック)
その他:にんにく1片、鷹の爪1本
 
【作り方】
1.アスパラは硬い部分の皮を剥き、食べやすい大きさに切る。
  エリンギは軸の部分と傘の部分で切り、軸の部分は斜め薄切りに、
  傘の部分は縦に裂く。
  →こうすることで一つの野菜で二つの食感が楽しめます!!
  アスパラとエリンギはさっと塩ゆでをしておく(2~3分位)
  ミニトマトはへたをとり、さっと水洗いをしておく。
  野菜の水気は必ず拭き取っておくこと。
2.ピクルス液を鍋にいれ、一煮立ちさせたあと、冷ましておく。
3.熱湯消毒した容器に野菜とにんにく、種を取った鷹の爪をいれ、
  ピクルス液を静かに注ぎ、冷蔵庫で保管する。
 
 *漬けてから3日目位から食べられますが、
  1週間くらいが食べごろです!!

はじめまして!!

 はじめまして、吉澤美季といいます。

お料理が好きです。
作っている時になにも考えることなくただただ無心になれる、あの感覚が好きです。
ちょっとめんどくさいなとか、難しそうだなと思っても、
チャレンジした後、その先にみえる何かがある、そんな感覚が愛おしくてなりません。
料理の写真をSNSにアップするようになってから、
ありがたいことに「どうやって作るの?」という声をよく聞くようになりました。
根が単純な私は、どうにかして私のレシピを紹介できる方法はないかしら?と考えるようになり、ブログを開設することとなりました。
私が作る料理は、すぐに、そしてどこでも手に入る材料で作るものがほとんどです。
心がけているのは、手間をおしまず、丁寧に作ること。
ただそれだけ。
ブログのタイトルは、敬愛する松浦弥太郎さんの言葉から。
毎日をていねいに過ごすことができたら、そこには幸せで豊かな暮らしがある。
私はそう強く信じています。
細く長く続けていきたいと思っています。
みなさま、これからよろしくお願いします☆