「鰻の匂いで飯を喰う」展が終了しました!!

dsc_3132

この展示に出展するのなら、
「赤い」料理がいいなと思い、
それなら「この料理」しかないなと、
あっという間に作るおかずは決まりました。
赤さと辛さと弾力と。
ビールのつまみに、ご飯にのせて丼ものに…。
食べてみたいな、と思ってくれたらうれしいです。
作ってみたいな、と思ってくれたらいうことなしです。

 

2014年6月13日(金)から6月15日(日)までギャラリー・ヒトコロで開催されていた「鰻の匂いで飯を喰う」展が無事に終了しました。

ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

 

この展示に出展するのなら、なぜか赤い料理がいいなぁと最初から決めていました。

そして作るのなら、このフレッシュトマトのえびのチリソース煮がいいなと。

あっという間にモデルは決まったのにかかわらず、

なかなか作れなくって…。

おそらく食べたい気分になかなかならなかったのでしょうね。

写真を撮るために作る、というのが私になじまなかったのだと思います。

美味しそうに出来たから撮っておこうとか、

今日はこれを作ったから撮ってみようとかの方が、

私にとって自然なんだろうなぁ、と。

 

写真はあくまでも私の暮らしに寄り添うものであって、

私の暮らしが写真に寄り添うことはおそらくないのだろうなぁと。

そう、写真は私を伝える手段であって、方法ではないのだ、と。

 

おかずという身近なものを通して、

暮らしの中で私と写真との関係が、

はっきりと輪郭を描き始めた展示となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です