20140614_寫眞譚オープニングパーティ

私が所属している写真グループ、寫眞譚は6月10日(火)〜6月22日(日)まで、

寫眞譚第二回写真展『五重奏』をNADAR/TOKYOにて開催しています。

6月14日(土)、今回の展示を記念してささやかなオープニングパーティをギャラリーにて行いました。

パーティの料理担当はもちろん(!?)私。

今回のパーティ料理のコンセプトは、冷えていても美味しいもの、立っていても食べやすいもの。

そんなことを考えながら、メニュー7品を組んでいきました。

メニューを組むのはそんなに難しくなかったのですが、

どちらかというと味を決めるのが難しかったです、はい。

私の味を食べ慣れた方もいらっしゃれば、初めて食べる方もいらっしゃる。

濃くするか、薄くするか、それはどの一品にするか…。

天気によって味をどのように調整していくか…。

バランスの良い味、バランスの良いメニューの着地点ってどこにあるのだろうかと悩みつつも、

スタート時間との闘いもあり、一品、一品、手順を迷わず、

ひたすらていねいに作っていくことが、私に出来る精一杯でした(苦笑。

 

10488195_659490837461597_8414920931934830599_n

3種のディップ(かぼちゃとレーズンのディップ、さつまいもとくるみのディップ、レバーペースト)

10353623_659490644128283_419115734189041722_n

茗荷の甘酢和え、鶏肉の酒蒸し

10462603_659491007461580_6266756856487623029_n

レアチーズケーキ、自家製いちごジャムを添えて

(撮影:Gaku)

実り多き豊かな時間をみなさまが過ごすことができ、

ここから新しいご縁が広がっていくお手伝いを、

私の料理が気負わずにすることが出来ていたら、こんなに嬉しいことはありません。

願わくはまたみなさまに私の味を食べてもらう日がやってきますように。

どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です