20150221_ギャラリーイベントのための料理

img_3676

レバーペースト

img_3675

お豆のピリ辛サラダ

ご縁があって、料理を二品、ギャラリーのイベントにケータリングしました。

mikihouseにいらっしゃってくださる方、友人宅での集まり等、

なにかの折に友人たちに料理をふるまうことは何度もあるのですが、

全くのパブリックな場に料理を持っていくことは初めてのこと。

作ること自体はとても楽しかったのですが、

持っていくまでの道のりが異様に長く、心臓がバクバクしていました(苦笑。

けれども不思議なことに、テーブルに置いてからは感じることは何もなくなりました。

なんでしょう、料理が私の手から放れたからなのでしょうか?

確かに料理が相手の口に入るまでの緊張感は半端なかったのですが、

何を感じてもらうか、どう感じてもらうかは相手次第、

料理もやはり作品なのだと実感した夜でした。

見知らぬ方に食べてもらうという、なかなか味わえない経験をさせていただきました。

この場を借りてGallery YUKI-SISのオーナーである寺嶋さんにお礼を申し上げます。

どうもありがとうございました。

機会がありましたら、このようなケータリングを続けていきたいと思っています。

✴︎ありがたいことに、Gallery YUKI-SISへのケータリングはレギュラー参加となりました。

次回の日程等わかりましたら、ブログ等でお知らせしたいと思っています。

みなさま、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です