いちごのジャムとムース

DSC_4378

2015年5月4日のてしごと、「いちごのジャムとムース」。

市場にようやく小粒のいちごが出回り始めた。

このいちごを見つけたら、やっぱりジャムを作りたくなる。

ヘタをとって洗った後、鍋の中に砂糖とともにいれて、一晩おく。

朝起きて鍋の蓋を開けてみると、砂糖は見事に消えてなくなり、

透き通ったガーネット色をした煮汁となってそこに在る。

うっとりするほど美しい。

鍋を火にかけるとすぐに台所中が芳しい華やかな香りに包まれる。

ことことことこと30分、さらさらしていた煮汁がいつしか粘りを持ち、

果肉の赤さを一層引き立たせるかのようにまとわりつく。

深みのあるガーネット色、さてさて、どうやってより一層ひきたたせようか?

5日に遊びに来る海外からの友人のためにつくったいちごのムースにかけるのはどうだろう?

乳白色のピンクに透き通ったピンク、その上に絡まる深いピンク。

うん、完璧だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です