オートミールクッキー

dsc_44321

2015年5月23日のてしごと、「オートミールクッキー」。

ドロップクッキーを焼くとき、一番楽しい作業は天板に生地を落とす時だ。

いつ食べようか、誰とたべようか、どこで食べようか、何と一緒に食べようか……。

朝食代わりにしたいのなら少し大きめに、

お酒と一緒に楽しみたいのなら少し小さめに。

プレゼントにするのならみんなの手に渡るように、

外で食べるのなら誰もが食べやすい大きさに。

そんなことを考えながら天板に生地を落とすと、自然に大きさが決まってくる。

焼き上がりの、食べるときの、

そう、少し先の今によりそっててしごとをする。

それは私だけのために作るのではなく、

私とともに在る誰かのために作ること。

そういう機会があることは、とても素敵なこと。

心からそう思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です