甘夏のパウンドケーキ

dsc_4374

2015年5月2日のてしごと、「甘夏のパウンドケーキ」。

先日作った「土佐文旦のパウンドケーキ」と同じく、卵は別立て、

少しの間この手順で作り、しっかりと自分のものにしていきたいと思っている。

パウンドケーキの味見をする時は、切れ端を食べる。

少し硬めに感じることもあるが、あまり気にしたことはない。

作り手の私だけが食べられる、大事な大事な一切れ。

どんな風に焼き上がっているか、そのことを楽しみに口にする。

今回は無塩バターを使い、粗塩をひとつまみ入れたせいか、

バターの風味がものすごく豊かだった。

口の中にはいるとふわりとバターが香り、

そしてその後に甘夏のマーマレードのほろ苦さがやってくる。

うん、初夏の味、生地もしっとり、どんな飲み物にも合いそうだ。

レシピにはホイップクリームを添えてと書いてあったが、まだこれは試してみていない。

いつかやってみようと思っているが、ホイップクリームを作るのが、うん、少し面倒臭そうだ(笑。

けれども、きっといつの日かパウンドケーキの隣に添えられているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です