梅ジャム

dsc_4479

2015年6月15日のてしごと、「梅ジャム」。

先日、一緒にキャンプに行った旧友が、小鹿野で小梅を購入する私を見て、

「吉澤さん、梅しごとするのかぁ。なら会社でなった梅を送ればよかったな」と

しきりにつぶやいていた。

会社で梅ってなるんだなぁとその時は漠然とただひたすら私は感心していた。

その彼から数日後、メッセージが届いた。「梅、いる?」

小梅を購入した時はあんなに悩んでいたのに、今回は全く悩むことなく「いる!」と答えた。

次の日、梅が届いた。中には「完成品のプレゼントをお待ちしています」とのメッセージ付き。

そっかぁ、梅を送ってもらって、その人にあったものを作って、後日送るというナリワイも

もしかしたら成り立つのではないかと思ってしまった。

彼から届いた梅は、大粒のもの、小粒のもの、合わせて4キロ。色もまちまち。

まず大粒の青梅は、来年のこのメンバーでの新年会用にブランデー&氷砂糖の梅酒に仕立てた。

残りの大粒のものは追熟させてから、彼へ送る梅干しに。今は梅酢に浸り、梅雨明けをのんびりと待っている。

小粒のものも同じく追熟させてから、梅ジャムに仕上げた。

芳醇な香りが瓶を開けるたびに香り立つ、たまらない。

ジャムとして食べるのもよし、味噌と混ぜて梅味噌にするのもあり。

甘味を取るか、酸味を取るか。

そんな選択肢がある梅ジャムは、やっぱり作らずにはいられないジャムの一つだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です