黒糖バナナマフィン

dsc_4582

2015年7月14日のてしごと、「黒糖バナナマフィン」。

バナナマフィンを焼く時に使うバナナの量について考えている。

食べる直前にほんの少しトースターを使って温める。

バナナがベタつかない、重くならない。

けれどもきちんとバナナのしっとりさが味わえる。

そのための適量って一体どれくらいなのだろうかと。

多かった、少なかった。

そんなことに一喜一憂しながら、適量を探っていく。

その適量を知りたいがために、何度も何度も焼く。

そしてひょんな拍子で出てくる「ちょうどよい」。

分量をメモしたら、私のバナナマフィンが出来あがる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です