le09.06.2017

原さんの展示をもう一度観たくて、POETIC SCAPEへ。前回は昼間の晴れた日に、2度目は夜の雨の日を狙っていたのだが、梅雨入りしたにもかかわらず雨が降らない。会期終了間際だし、せめて夜の日に観ようと思い、訪れた。いいなぁ、原さん。好きだなぁ、原さん。夜に観ると、作品が一段としっとり濡れて、闇が増すような気がする。その闇がたまらないのだ。その闇をどうしても手元に置きたくて、作品を購入した。私の手元にやってくるのはまだ大分先のことだが、今からその日が楽しみでならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です