柔らかい雨降る朝の日

柔らかい雨降る朝の日、私の在宅勤務は始まった。

ノートブックに今日のタスクを書きだし、定時にパソコンを立ち上げる。昨晩自身のパソコンで作業できるようにブラウザで設定したのだが、そのブラウザだと使いたい機能が使えない、使いたい機能が使えるブラウザで設定しようとすると今度はログインできず設定ができない。どうしたものかとシステムグループに問合せのメールを書く。会社からパソコンは借りていきているのだが、使い慣れていないため扱いずらいのだ。次に北京の同僚へ年度末の会計処理の進め方をすり合わせる。昨日、今日から在宅勤務になるという知らせを彼女にしたらとても喜んでくれた。当たり前だ、彼女は早く東京本部も在宅になるように願ってくれていたからだ。マスクを必ずしなさい、人混みは避けなさい、満員電車を避けなさい。いい?中国は都市を封鎖したけれども、それは経済発展よりも人命を守るという政府からの意思表示なの、それくらいこのウィルスは未知で恐ろしいものなのだから。メールを送るたびに心配する言葉が添えられていた。お互い励ましあって乗り切りましょう。昨日のメールの最後はこんな言葉で締めくくられていた。公表する資料をウェブにアップし、パリの後輩に資料を送った。いつもやっている作業にも関わらず、いつも以上に時間がかかり、あっという間に時間が過ぎていく。出来ることだけすればいい。そう自分に言い聞かせ、ゆったりと呼吸をしてお昼休みにした。

午後、ようやく自分のパソコンで作業ができるようになった!万歳、これでだいぶ効率が良くなるはず。15時からのオンライン&電話会議に向け、準備を進める。2月末までは週1回会議室に集まって行なっていたのが嘘のようだ。グループのメンバーはビデオで、そのうちの一人のパソコンとスピーカーをつなぎ社外の人とは電話会議。世の中本当に便利になったものだ。資料を送った方から1通のメール、ダウンロードしたもののファイルが文字化けして何が何だかわからない。自分のパソコンでチェックした時は何の問題もなかったのに……。急いで資料ファイルを取りまとめ再送する。会議開始5分前。間に合ってよかった。会議が始まる。通常私は出なくていいのだがせっかくの機会なので、参加することにする。同僚からチャット、タイプ音と音楽が聞こえているのでマイクはミュートにした方が良いと。やってしまった。スピーカー、パソコンから離れているのに音を拾うのかと逆に驚いた。タイプ音はワシントンにある需要者団体との来期の支払いについてメールのやり取りをしていたからだ。こんな状況だし、来期は紙ベースではなくPDFファイルで契約書も請求書も取り交わすことにした。新しい契約書を送る時在宅勤務がちょうど決まり、支払いが遅くなるかもと伝えていた。今日その返事が届き、こんな状況だし心配しなくて大丈夫とのことだった。在宅勤務期間を伝え、このままなら着金日はこの日になると連絡した。ここ最近彼とのメールの結びはi pray for you, your family, your friends and your colleagues. 毎回この文章、でも書かずにはいられない。メールでのやり取りしかしたことがないが、こういう風に祈ることができる人がいることはとても幸せだ。そうこうしているうちに会議が終わる。最後、グループのメンバーと打ち合わせる。顔を見て話をしたらほっとした。好きでも嫌いでもない。けれどもこの人たちは私の日常なのだ。その日常が在宅勤務となったことで急に引き離されてしまい、気づかないうちに私は不安を抱え、今日一日を終えようとしていたのだった。仕事が捗らない理由もここにあったのかもしれない。それがわかったことで安心し、私はパソコンを閉じた。

夜、明日の朝に食べるケーキを焼いた。全粒粉とドライフルーツ、そしてナッツの入った滋養溢れるケーキを焼いた。今部屋はその匂いで満たされている。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です