le10.05.2017

観た企画展は、『オルセーのナビ派』展だった。『ソール・ライター』展を一緒に観た方から、彼が影響を受けたナビ派の展示がかかっているよと教えてもらい、いい機会と思い行ってきた。浮世絵などジャポニスムの影響を受けているナビ派、傘などの小道具や構図にそれらしきものがみえた。なるほど、なるほど。そして、ボナールの裸婦の絵が、ソール・ライターのモノクロのヌードと被り何度もその前を行き来した。7月に刊行予定の彼の新しい写真集がちょっと楽しみになってきた。

三菱一号館には久しぶりに行ったのだが、毎月第2水曜日がレディースデーとなっていた。女性にとってはありがたいことだが、これと同じようなことを男性にもしてあげたらいいのにと思ってしまった。男の人は大変だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です