le20.06.2017

咲恵ちゃんと着付け教室に行ったあと、田中くんのオープニングへ。1_wallのグランプリ受賞記念の展示は、写真と観手との距離が心地よかった。田中くんの展示で感じた初めての感覚は、一体彼に何が起こったのだろう?と考えずにはいられなかった。その後、親しい友人たちと新橋へ。田中くんのお祝いのはずなのに、私が覚えていることといったら、マキナと「パララックスがー」(動作つき)だった。酔いとはいつも、関係のないことばかり鮮明に覚えている。

それにしても新橋は優しい。きちんと23時で店が閉まるのがよい。これならちゃんと終電に間に合う。サラリーマンに愛される街、なるほどなぁと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です