外から目線

image-1-231

以前、キャンプ関係の先輩に、

「お前の目線はあれだな、上からじゃなくて、外からだな。」

とことあるごとに言われ続けた。

外から見ているつもりは全くないんだけどなぁと、

なにを言われているのかさっぱりわからなかった。

けれどもここ最近、フィルムが現像から上がってくるたびにいつも思うのは、

私の写真は「静」だということ。

8月に撮った1枚。

喧騒としていて、猥雑で、いろいろな音や言葉、匂い、色が飛び交っている街なのに、

なぜか私が撮ったこの街はそんなことをほとんど感じさせない。

まるで遠くからその場を見るように、俯瞰した事象がそこにある。

「外から目線」、先輩が言い続けたことはあながち嘘ではないのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です