Opposite

image-1-257

はっきりした色は強すぎて苦手だ。

まして赤と紫なんて、私の身の回りには全く存在せず、自分からは選ばない色だ。

けれども雨露に濡れたこの花たちはとても可憐で

思わず目を奪われてしまった。

自然が為すこと、それはやはり美しいことなのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です