le05.09.2016
「そばにいる工芸」展@資生堂ギャラリーへ。
金光、木工、磁器、和紙、ガラス、陶芸、6人の作家からなる企画展。私は中でもガラスのピーター・アイビーさんの作品がお気に入りだった。
伝統工芸、生活工芸、民藝……。これらの違いは一体なんなんだろうとここ最近ずっと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です