le15.07.2017

久しぶりのボランティア活動はハイキングの付添い。ユガテという秩父にある集落へ知的障がいを持つ中学生、高校生、社会人と一緒に向かった。梅雨はどこに行ったのか?というくらいの夏空で、日差しがきつかったが、山の中に入るとその空気はひんやりとしていて、ほっと一息ついた。あまりの暑さで予定していたコースを歩かずピストンとなったが、こうやって自然の中に身を置くことはいいリフレッシュとなった。今度はもう少し涼しい時期に訪れたい。

暑さで疲れたのか、この日の帰りは電車で一駅寝過ごした。電車が駅に止まっても、見慣れている光景が目の前にない時のあの焦りようといったら!たった一駅なのにどうやって帰ろう?と頭の中の知識を総動員している自分がいたことに、笑わずにはいられなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です