le17.07.2017

来月、松本で展示する写真をプリントした。グループ展、せっかくの機会なので何か新しいことにチャレンジしたいと思い、今回は手焼きプリントで展示することにした。観る側にとっては手焼きだろうが、ラムダだろうがどっちでも構わないだろうと思うのだが、最後まで自身の手をかけたいという私のこだわりなのだと思う。昨年から折をみて暗室に入り1枚のネガをじっくり焼いていたのだが、このように組み写真で焼くのは初めてのこと、トーンを揃えるのが難しかった。合計3枚焼いたのだが、最初の2枚は良い。ただ最後の1枚が疲れ果ててしまい、なかなか上手く揃わない。オーナーのイトウさんに手伝ってもらってなんとか無事に終了、いやはや疲労した。

今年年末に予定している個展は、手焼きプリントを展示したいと思っている。これは早めに準備しないとまずいな。3点のプリントが終わってまず思ったことはこのことだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です